RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「 ファンサイト・マーケティング 」ネットで口コミを起す為に

いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★



ファンサイト・マーケティング
日野 佳恵子

ダイヤモンド社
2005-04-15
売り上げランキング 4,905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

ネットの世界でも急速にクチこみの効果について有効的だといわれています。
が実際に口コミを起すとなるとこれが、何から手を付けてよいのやら?

一番簡単なのは同じ価値観や趣味を持った人同志のコミュニティを作ってあげることが有効的なようです。

それもディープであればあるほどその商品を購入する可能性の高い見込み客が集まってくる。
なぜならみんな居場所を求めているからで、自分と同じ価値観や趣味を持つ人たちと会話するのって楽しいですよね。
それがいつの間にかその企業に対してのロイヤリティを持つようになって、その人たちは何もしなくても自社のサイトや商品を紹介し始めてしまいます。
こうなったら企業もしめたものですね。

こういうコミュニティを作ってやろうとすることを紹介された本です。

著者は最近多くなってきた「コミュニティサイト」を「ファンサイト」すなわち、コミュニティを通してその企業なり商品のファンを作っていくサイトのことをたくさん紹介しています。

マーケティングだけでなくマーケティングリサーチもWEB上で簡単に安く早く行うことが出来るようになるともいっています。
ファンになってしまったお客様は企業との絆が構築されているのでそういった人から意見を聞いたりすることが簡単に出来るようになります。
しかもその声は自社の商品を実際に使ってみた人などの「生の声を聞くことが出来るようになります。
そうするとそれを今度はサイト上で紹介して(もちろん許可は取ってください。掲示板スタイルにすれば許可も要りませんね。)それを見た見込み客もその話を見て商品やサービスを購入する。という好循環が発生します。

企業の言葉よりも実際にその商品を使ったユーザーの声は消費者というものは信じるものです。これが「口コミ」ですね。
アマゾンなどが典型的な例でしょうか。

ここではダスキン、無印良品、バンダイ、ベネッセ、アットコスメなどが実際に紹介されています。
消費者向けにeコマースをやっている企業は怖がらずにやってみるとお客様を獲得して、そのお客様を長く維持することができるツールの一つになると思いますので考えてみる価値はあるかと思います。



他にも紹介しています
マーケティング

マイショップを見る


いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★



author:大神 雅明, category:マーケティング, 22:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:41
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://money2004.jugem.cc/trackback/93