RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「目からウロコのコーチング」でコーチングの基本をしっかり身につけて!

いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★



目からウロコのコーチング―なぜ、あの人には部下がついてくるのか?
播摩 早苗

PHP研究所
2004-06
売り上げランキング 3,620

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

全230ページ 15章

正統派のコーチング本です。
「相手の優れた能力を引き出しながら、前進をサポートし、自発的に行動することを促すコミュニケーションスキル」

すなわち相手の可能性を出してやって、自分で考えて行動できるようにすることを助けることでしょうか。

この本ではコーチングのハウトゥーというよりは方法論を述べている。
半分はコーチングする前にする側の心の持ち方、半分はハウトゥーの内容です。
コーチングスキルよりもいったいコーチングとは何ぞや?
と思われる方には向いている本だと思います。

今まである程度勉強して高いスキルを持っている人には向きません。

コーチングの本を読んで共通することは相手のことを褒める、相手のモチベーションを高めてやる。
とにかく相手の立場に立って物事を考えることだと思う。

部下もお客様なんじゃないかな?と考えるようになりました。
お客様の喜ぶことをやってあげればそこに信頼関係が生まれ、こちらのサービスを売ることが出来る。(部下の場合は上司の要求にこたえようとする意思や行動)
部下は家族でなければ、恋人でもありません。
だから自分の価値観を押し付けても駄目だし、要求を押し通してもモチベーションが下がるだけでよい結果は望めない。
結局は人がやることだから、人というのは感情で動く生き物だからこそ、感情に訴えていくやり方がプラスアルファで必要なのだろう。
もちろんコーチングスキルという科学的な方法も効果的だが、そこに感情をプラスすることでもっと成果が上がる方法が見出せる。
ということはコーチングをやる側というのは少々のスキルを身に付けただけでは駄目だということだ。
圧倒的な知識と深い人間を読む力が備わっていないと相手を気持ちよくコントロールすることは出来ない。

他にも紹介しています
コーチング

マイショップを見る


いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★



author:大神 雅明, category:コーチング・リーダーシップ, 22:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:29
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://money2004.jugem.cc/trackback/90