RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
マインドマップがなかなか描けない方へ。
見た目がやっぱり大切と思う方へちょうど良いのがこちら。

マインドマップを書く上で色ペンを使って書いては見るもののなんか違うなぁとか、最後までキレイに来てたのに、最後にブランチ伸ばしすぎた!や同じ色つかっちゃった!なんて思うことあります。
ただマインドマップは自分の感じたまま描くのが良いでしょうから、気にしなくも良いのですが、どうしても気になってしまうときありますね。

こんなとき消しゴムでは消せません。

ですがPCで描くことができたら本当に簡単です。
消したり、色変えたり、画像簡単に差し込んだりとこちらのiMindMapならできます。

マインドマップのソフトというと有名なのは
マインドマネージャーですが、より手書きに近い感じのものをPCで描きたいと思うならブザン公認のiMindMapの方がよいでしょう。

2つのソフトを使ってみた感想は

マインドマネージャーは速記に向いています。
というのはリターンとインサートボタンでブランチ(枝のことですね)がどんどん追加できて会議などで活躍すると思います。
セミナー会場で使っている人も見かけますね。
ただ自由度が少なく、ブランチ一つ一つの形状や色がつけ難いということもあります。
カクカクした図が好きな方には向いていると思います。


それに比べてiMindMapは自由度が高く特にマインドマップ特有のクネクネした感じやお絵描き風な感じが出したい人にはこちらの方が向いていると思います。
ブランチを伸ばすときにマウスでドラッグしないといけないのでその点は早く描くことには向いていません。(もしかしたらできるかもしれませんが、私マニュアルあまり読まないのですいません。)

個人的には場面に応じて使い分けるのが良いかなと思います。

どっちを買うのが良いのか?と聞かれたら、「速記する必要が無い場合はiMindMapを買ったほうが値段もですし良いかと思います。」
と答えます。

やはりよりマインドマップに近いですし。
author:大神 雅明, category:PCソフト, 15:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:04
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://money2004.jugem.cc/trackback/212