RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
成功する上司
リーダーシップをストーリーで学べる本です。
『ザ・ゴール』のような小説風になっていますのであまりビジネス書が好きでない方にも良いでしょう。


著者はテレビなどでおなじみの(でもないか)小宮一慶さん。

小宮さんの著作は知識が無くてもやさしい言葉を選んで書かれているので読みやすいものが多いです。ので私も大体の著作は読んでます。

今回はリーダーシップを学ぶということですが
ある倒産寸前の会社にM&Aで吸収した親会社から出向した主人公。
今まで部下が4人しかいなかったのに急に50人以上の部下を持つようになってしまいます。
親会社から会社再建を託されます。
その中でどうしたら人は動くのか?
悩めるすべての上司たちへ。
「部下が思うように働いてくれない」「トラブルが絶えない」「みんな忙しいのに業績が上がらない」……駆け出しマネジャーに降りかかる数々の試練。主人公はいかにして乗り越えてゆくのか!?
というような内容です。



あんまり売れなかったみたいですがリーダーシップの核心を突いていて、小手先のテクニックと言うよりももっと深いリーダーとは?やリーダーが持っておくべき考え方が書かれていてとても良い本だと思います。

中身は・・・。

ダウンサイドリスク
失敗したときの最大限のリスクはどのぐらいなのか?を把握する大切さ

指揮官先頭
部下を動かすにはまずは自分から。

価値観の共有
『ビジョナリーカンパニー2』でもかかれていた「適切な人をバスに乗せる」価値観や職業観、倫理観が自分と同じ人に先にバスに乗ってもらう大切さ

考え方の徹底

自ら動く人材を育てるには
信賞必罰。リスクをとる部下には責任と思い切った報酬を(経済的にも精神的にも)
犬のリード。人間は本来自由でいたい動物。リーダーの思う方向に進んでいるときは自由に。外れたときはすぐに犬のリードを引いて軌道修正を。

ビジョン・理念を持つ大切さ
現代の企業で大切なものQPS(クオリティ、プライス、サービス)

その他松下幸之助さんやディズニーの話など部下を指導するときに使えそうなネタも少し書かれているのでこれも役に立ちそうです。


今マネージャー職についている方にぜひ読んでもらいたいです。
author:大神 雅明, category:マネジメント, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:19
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://money2004.jugem.cc/trackback/205