RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
知的生産の技術 (岩波新書)
題名からして「ぐっ」とくる本だ。

中身はというと実は初版1969年。

仕事術のはしりのような本のようです。


誰かの本を読んで紹介してあったのがきっかけ(誰かわすれた)で読んでみました。



1969年ということで、パソコンはないし、携帯電話もない。
内容はというとメモの取り方、ノートのとり方、ファイリングのしかた、読書の仕方、タイプライター(古っ)、文章術などである。

中にはすでに古びたものが多いのだが、何年たっても基本はいかに楽に簡単にということだろうか。
これは今も昔も変わらない。
なぜなら人間に与えられた時間は平等に24時間だ。
ただし使える時間は人それぞれに委ねられている。
少しでも楽に簡単に仕事をこなして余った時間をさらに仕事に投資するのか、余暇を楽しみ人生を豊かにするのかは本人次第。

仕事術うんぬんよりもこういった知的生産にたいしての考え方を考えさせらる本であった。
JUGEMテーマ:読書


author:大神 雅明, category:仕事術, 10:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:49
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://money2004.jugem.cc/trackback/183