RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学

いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★



常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学
ダン・S・ケネディ 金森 重樹 池村 千秋

阪急コミュニケーションズ
2005-04-28
売り上げランキング 39

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

著者のダン・ケネディはアメリカのダイレクトレスポンスマーケットのカリスマであり成功哲学の世界でも有名なマーケターです。
彼のセミナーは1回数十万円します。

アメリカでは1999年に発刊された本を金森重樹氏が監修した本です。
当時はインターネットビジネスもそれほど今のように盛り上がりなかったと思いますがその手法は現在でも使えるものはかなりあります。
また日本の有名なマーケターたちもこの本を手本に成功してる方も数多いかと思います。
今までのいわゆる常識といわれていたことは実はマジョリティオピニオンであっただけで果たしてそれが本当に正解なのか?
を考えてこなかった私にも衝撃が走った1冊でした。

構成は19章構成で1〜18の常識を「○○○」のウソという形で業界や世間で常識と言われていることに挑戦しています。
実はビジネスの世界で常識と言われているものは、先にやってきて成功した人たちが自分のポジションを脅かされない為に作ったものが非常に多いと言うことです。

たとえば第4章の<「謙譲は最大美徳」のウソ>ではコンサルタントなどが報酬を請求するときでも謙遜して安く言ってしまう・・・。
自分に自信があれば正当と思われる金額を請求する。
自分を決して安売りしないこと、お金を稼ぐことは決してやましいことではないと自信を持たないと成功からは程遠くなる。
他人の為に少しでも時間を割いたなら必ず金を請求する。
謙虚にしていたら誰にも気づいてもらえないし、正当な評価はもらえない。
多少の傲慢さや強引な売り込みも大切なのだ。

いつも物事を「これは本当に正しいのか?」と疑問の目を持って事に当たらないと真実は見えないし、流されていただけではそれ以上は望めないことを気づかせてくれた1冊でした。

内容的には著者のビジネスに対する哲学70%、マーケティング論30%と言う感じでしょうか。
おすすめの1冊です。

他にも紹介しています
哲学

マイショップを見る


いかがでしたか?



author:大神 雅明, category:哲学, 23:11
comments(0), trackbacks(2), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:11
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://money2004.jugem.cc/trackback/104
常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学[by ダン・S・ケネディ 金森 重樹]
常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学posted with amazlet at 05.04.28ダン・S・ケネディ 金森 重樹 池村 千秋 阪急コミュニケーションズ (2005/04/28)売り上げランキング: 40通常24時間以内に発送Amazon.co.jp で詳細を見る ダイレクトレスポ
エンジニアがビジネス書を斬る!〜『エンビジ図書館』〜, 2005/05/09 11:56 AM
常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学
調べたいことがあったので久しぶりに巨大本屋に行った。しばらく行かない間に新しい本がたくさんでてるなぁ・・・まずは堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方で堀江社長の事業計画書を見てみる。へぇ・・・こんな風に書くんだ・・・私にもできるかも^^ 次にマ
起業家ブログ, 2005/05/26 2:26 AM