RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術──連鎖崩壊時代の「実践・資産透視学」
サブプライム問題、原油高騰、イスラム金融・・・・・

経済はここ数年の間劇的な変化を見せてその転換期にある。

世界恐慌?ブラックマンデー?バブル崩壊?
今このときに世界は恐慌の入り口に立っている。

激動の時代の幕開け


多くの人がこんな中「お金が無くなったらどうしよう」「仕事がなくなったらどうしよう」はたまた「生けていけるのか?」と考える。


しかし激動の時代と言うのは一生に一度のビッグチャンスでもある。
例を挙げればロシアのニューリッチの人たち。彼らはルーブルが暴落したときにドル資産を持っていたため超ルーブル安になったときとき、一夜にしてお金持ちになってしまった。


今度はどうか?ドル?ユーロ?円?(これはなさそうだ)



著書の松藤民輔さんは知る人ぞ知るメリルやソロモンなど外資系を渡り歩いてきたつわもの。
現在はアメリカの金鉱山を買収し金鉱山オーナーとなった。

そう。彼が予見するのは「ゴールド」。
金の時代が訪れるということらしい。


松藤さんはエコノミストでなければ大学教授でもなく、実際に自分で投資している(額が違いますが!)方です。
一線で戦っている人の言葉には重みがあり説得力があります。
彼なりの今の経済、今後のグローバルマネーの行方を著した力作になっていると思います。


内容はちょっと煽るような内容で、彼独自の考え方が述べられていますのでネット上の書評を見ると反対意見の方も多いようです。
しかし、ひとつの意見として広く見識を得るには良い内容だと思います。

以下が内容です。

BOOKデータベースより
静かに進行中の2008年型恐慌は、リッチになるための最後のチャンス!この瞬間を15年間待っていた。日本人にとって金融恐慌は60年に一度のビッグチャンス!2億円の年収を捨て、2000億円の金を手にした男が同時代人に贈る「人生を変える技術」。

目次:
第1章
動き出した「悪夢のシナリオ」(神の怒りに触れた人々バブルの顔はどれもよく似ている ほか)

第2章
USBとベアー・スターンズの転落(「証券化」という錬金術UBSオスペル会長の末路 ほか)

第3章
宴の最中に始まった「中国パッシング」(中国の急減速アメリカに依存しすぎた中国経済 ほか)

第4章
絶望のドバイ(原油価格はドル相場と逆相関に動く利下げ、ドル安、原油高のドミノ倒し ほか)

第5章
恐慌の錬金術―二〇二五年までは金と金鉱株の独歩高(ドル神話の終わり、金神話の始まり幻想の中の通貨 ほか)

JUGEMテーマ:読書


author:大神 雅明, category:投資, 23:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略
評価:
松田 哲
技術評論社
¥ 1,554
(2007-02-22)
Amazonおすすめ度:
投資の姿勢の参考になりました
投資するだけの価値あり!
あまり・・・
小手先の「1年で1億稼いだ・・・」なんて感じのノウハウ本は何冊も出ていますが、
投資の考え方、リスクのとり方、資金の管理のしかたなど、FXだけでなく投資に関する基本的な事や自分の投資哲学を形成していくうえでヒントになることがちりばめられた本だと思います。

「寝ながら儲けられる」や「楽して儲かる」などないというのは誰もがわかっていることなのに書籍販売の上位にこういった本が来るのには?と思ってしまいます。

あまり投資関係でもノウハウ系お本は読まないのですが、FXをやって数年経っている人は常識的に知っている事が書かれているので必要なところだけ参考にされるのがよいのではないでしょうか。

大体初心者が失敗するレバレッジのかけかたやポジションをあまり持たないほうがよい時期(リスク=相場の方向がどっちにいくかわからない)などか丁寧に簡潔に書いてあります

この手の本を読むときのコツは「必要なところだけを読みメモして実践する」ことです。

投資の本は良書を見つけることが大変難しいですが比較的読んでおくと良い本かなと思います。
author:大神 雅明, category:投資, 11:24
comments(0), trackbacks(2), pookmark
先物市場のテクニカル分析

いつもありがとうございます!
ブログランキング参加中です。クリックしてくれたら嬉しいです


先物市場のテクニカル分析
先物市場のテクニカル分析
ジョン J.マーフィー, 日本興業銀行国際資金部

初版は平成2年ですので15年ほど前の本です。が、今もトレーダーお間では「赤本」と呼ばれ愛読されているテクニカル分析手法の教科書的な本です。
本書ではテクニカルの基本からその哲学まで基礎の基礎を学ぶことが出来るようになっている。
「○○で1,000万儲けた」などの本を読む前に読んでみたほうが良い1冊だと思う。
FXでの基礎的なものが学べる本が今までほとんどなかった(素人が書いた本は山ほどあるがどれも盗作っぽい)がこれは本当に押すめである。
ただちょっと高い・・・。




author:大神 雅明, category:投資, 22:19
comments(0), trackbacks(3), pookmark
高金利通貨―グローバル投資家のためのカレンシー入門

いつもありがとうございます!
ブログランキング参加中です。クリックしてくれたら嬉しいです





高金利通貨―グローバル投資家のためのカレンシー入門
高金利通貨―グローバル投資家のためのカレンシー入門
UBS銀行東京支店外国為替部

今日はマストな1冊です。
FX(外国為替取引)をやっている方も増えてきてますね。
日本で特に人気が高い通貨はUSドルやユーロだと思いますが、最近では高金利のニュージーランドドルやオーストラリアドルなども人気が高いですね。
今後は取り扱える通貨も多くなってくると思いますので、今のうちから勉強です。
既にマイナー通貨(日本で)を取引している人にはこれ本当にオススメです。というよりも必ず読んだほうが良いかと思います。
前途の通貨に加えポンド、カナダドル、ペソ、クローナ、クローネ、フラン、レアル、ランドなど初心者に分かりやすく書いてあります。
この通貨はどの通貨と相関性が高いのか。や、金先物価格と南アフリカランドとの相関関係などなど、本当にオススメですのでぜひ読んでみてください。

author:大神 雅明, category:投資, 23:54
comments(0), trackbacks(1), pookmark
33歳で資産3億円をつくった私の方法
33歳で資産3億円をつくった私の方法
33歳で資産3億円をつくった私の方法
午堂 登紀雄

本当に年収300万円で人生を謳歌できるのか?
無理。です。
ココまで贅沢になってしまった日本人に果たしてそれが出来るのか?

本書では投資を勉強してお金持ちになろうとする指南書になっています。
大まかには
・レバレッジを効かす(信用ですね)
・不動産投資をする
・起業する
が大まかな3本柱になっています。

中身は著者が実際にやってきたことをはしょってかかれているかと思います
やるやらないは別としてたくさんの気づきは得ることが出来ます。
この手のノウハウ本は得てして批判されることが多いのですが、私は結構好きです。
「読まず嫌い」や読んでもいないのに評論家になるよりも読んでから判断したいので。
author:大神 雅明, category:投資, 22:28
comments(0), trackbacks(1), pookmark
藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
藤巻 健史
藤巻健史さんの考え方が結構好きで本が出るたんびに読んでます。
日本経済についてはかなり楽観論者で日本はデフォルトしないが超インフレになるといつもおっしゃっています。
でもコレって事実上の国家破綻じゃないのかなぁといつも思いますが・・・。
ドル円は1ドル200円が妥当。インフレが来る。今は固定長期で金借りろ。
今方の考え方好きなんですがいつも言っている事は同じです。
ですので今回の本はジュンク堂で立ち読みで済ませました。
著者の一つ前に出ている本や「金融マーケット入門」(だったかな?)を読んだことのある方は立ち読みで30分ほどで内容の80%はつかめるかと思います。
ただ今まで経済の知識がない方にはこの方の本は大変分かりやすく実践的なのでオススメです。

ただし資産が5000万ぐらいなと実践は出来ない内容です。
author:大神 雅明, category:投資, 22:22
comments(0), trackbacks(2), pookmark
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

いつもありがとうございます!
★☆★成功に一番近い方法は既に成功している人の知識ややり方を盗むことです★☆★
↑答えはここにある↑


なぜか日本人が知らなかった新しい株の本山口 揚平ランダムハウス講談社2005-07-20売り上げランキング 84Amazonで詳しく見るby G-Tools


おすすめ度 

M&Aコンサルティングファームで働く著者がM&Aの手法を一般の投資家向けに書いた本です。
この本の特徴は今まで簡単でしかも会社の価値を測ることができるノウハウが書かれていることです。
ざっくりと企業の価値を評価してその中から一番割安な株に投資する方法です。
特に中期で株を運用している方向けです。
デイトレ命!の人にはあまり向かないかも知れませんが、上がる可能性が高い銘柄は探せるかもしれません。

私も実際この方法をエクセルで作ってみましたが、買う価値のある1冊だと思います。
なんとなく買ってた<株=ギャンブル>と言う考えから確実に資産を肥やす<株=投資>という考えになるかと思います。

とにかく適正な株価よりかなり安ければ「買い」かなり高ければ信用で「売り」をすればいいだけ「う〜んなるほど。」ホントに意外と知らない人のほうが多いですね。
しかもM&Aで使われているノウハウなので真実味があると思います。

オススメ!

他にも紹介していますマイショップを見る

いつもありがとうございます!
★☆★成功に一番近い方法は既に成功している人の知識ややり方を盗むことです★☆★
↑答えはここにある↑


author:大神 雅明, category:投資, 00:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark