RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
コストゼロで集客!究極のSEM対策テクニック

いつもありがとうございます!
ブログランキング参加中です。クリックしてくれたら嬉しいです




コストゼロで集客!究極のSEM対策テクニック
コストゼロで集客!究極のSEM対策テクニック
鈴木 将司
前回のブログで書いたSEOの本と一緒に買いましたので一気にコッチも読んでみました。
前回の本に比べてパワーはどうしても落ちている気がします。
SEOと言うよりマーケティングの本だからでしょうかね。
主だった有料広告の紹介、アフェリエイトや役立つ無料WEBサービスなど内容は盛りだくさんなので前回の本に書ききれなかったこと、書いてあったけどもう少し詳しく書いてあることが主なことのようでした。
前作を買った方は合わせて読んでみるとより効果が高くなるかと思います。

author:大神 雅明, category:IT, 07:18
comments(0), trackbacks(5), pookmark
ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック

いつもありがとうございます!
ブログランキング参加中です。クリックしてくれたら嬉しいです





ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック
ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック
鈴木 将司

今までSEOっていたちごっこでSEO業者が儲かる為だけにお金払うのバカらしいと思っていました。
確かにSEO業者にお金払うのはやめたほうがいいです。
費用対効果から考えてもあまりお勧めできません。
それとも業者がダメなのか?
今日の1冊はWEBの知識が少しでもある人ならば簡単に出来ることが多いので一読の価値のある1冊でした。
特にヤフーの新しいシステムに対応しているのでWEBの担当者は読んでおいたほうがいいと思います。
またサイトのリニューアルを行うときにも制作会社にある程度お願いできることが多いので読んでからリニューアルしたほうが良いでしょう。
話は変わりますが、サイト制作会社でマーケティングやSEOのことを真剣に取り組んでいる会社はほとんど皆無なので、気をつけています。
ほとんどのデザイナーはきれいなサイト作ることが仕事だと思っているので売れるサイトは自分で考えて細かく発注しないと、「何でこんなカッコイイサイトなのに売れないんだろう?」悩むことになります。
話は元に戻って今までSEOには興味なかったといいつつも色々な本読みましたが、素人には分かりにくいことと、内容が薄いものが多かった気がします。
本書ではすぐできることが結構丁寧に書かれていますのでためになりました。
ただ思うのは最近では過剰にSEO対策しているサイトも多くって見る気がしないものもあります。
やはりユーザーあってのHPだと思いますのでユーザビリティーには気を使いたいところですね。
続編SEMも一緒に買いましたのでいまから読んでみたいとおもいます。
 

author:大神 雅明, category:IT, 18:42
comments(0), trackbacks(3), pookmark
ソーシャル・ネットワーク・マーケティング 21世紀型―『コミュニティ・マーケティング』と『顧客クラブ』"
ソーシャル・ネットワーク・マーケティング 21世紀型―『コミュニティ・マーケティング』と『顧客クラブ』
ソーシャル・ネットワーク・マーケティング 21世紀型―『コミュニティ・マーケティング』と『顧客クラブ』
山崎 秀夫
仕事柄WEB(特にBtoC関連)の情報は普通の人より半歩先にいけるように日々勉強しなければいけないのですが、なんとなくSNSてうさんくさい。と思いながら食わず嫌いでした。
が、そうも言っていられなくなったので1冊でSNSのことが分かる本を探してコレを買ってみました。
SNSの使い方みたいなHowToはいらないので商用に使うとしたらという視点で題名にもマーケティングとありましたので読んでみました。
中身はというとSNSの基礎からSNSを使ったCRM、実際に使っている会社の事例、アメリカの動向、実際のコミュニティの立ち上げから運営、未来像というのが大まかな内容です。
1.0の世界(Eメールマーケティングなど)からWEB2.0と呼ばれる世界のマーケティングに今秋ぐらいから移行はじめるでしょうから、実際にWEB(特にBtoC)で仕事をしている人は必読の1冊ではないかと思います。
特にたくさんの事例が書いてありますので、これは勉強になります。
author:大神 雅明, category:IT, 00:06
comments(0), trackbacks(1), pookmark
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫


ネットを使う仕事をしてきてここ2年ほどもやもやしていたことの一つが晴れた。

それはウェブの世界での「こちら側」と「あちら側」という考え方だ。
「こちら側」とはネットの利用者、1人1人に密着した世界。
携帯電話、カーナビ、POS、テレビなど日本企業の従来からの強みであるモノづくりともいうべき世界。
「あちら側」というのはネットの中のバーチャルな世界。グーグルやアマゾンというネットの世界。
この考え方があぁそうかコレだったんだ。と思わせてくれた。

WEB2.0の中の代表的なブログやSNSの世界もバーチャルなインターネットという国のなかで双方向または1対多数、多数対多数の世界なのではないかと思う。
またこれらを支えるのはウェブの技術の進歩に他ならない。
この代表格がグーグルでありアマゾンといった企業なのだろう。
この本のなかでは特にグーグルについてよく書かれているがなぜここまで巨大企業になったのか?というよりも巨大企業になるべくしてなったのではないのか?と思うようになった。
良くグーグルVSヤフーという構図が思い浮かぶがこれはちょっと間違いだったのかもしれない。
人の手を介したヤフーという企業と全ては技術であると思わせるグーグルこの2つの企業は目指しているところさえ違うと思う。
映画「マトリックス」の世界も非常に近い未来なのかもしれない。
この本では今ウェブの世界で何が起こっているのか?何が起ころうとしているのか?ということに興味のある方に是非読んで欲しい。
ただ全くインターネットの知識のない方にはちと難しいかもしれない。ピンとこない内容だと思います。
これにあわせて「ロングテールの法則」と「RSSマーケティング」を読んでいただければ大体のことは網羅できると思います。
author:大神 雅明, category:IT, 21:34
comments(0), trackbacks(3), pookmark
RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス
RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス
Web2.0をご存知だろうか?
先日私の会社の広告代理店の担当者との話の中で出てきて、「何?うぇぶにーてんれーって?」が私の最初のウェブ2.0との出会いだ。

この本によると
Web2.0では、ウェブサイト事業者が準備したサービスやコンテンツをユーザーがただ使うのではなく、ベンダーは主にプラットフォームを提供し、ユーザーが参加する形でサービスが形成される。
とある。
簡単に言うと、ネットユーザーがウェブ上のサービスを利用して、情報なり、サービスなりを不特定多数の人に向けて発信していくことなのだろう。
一番身近なのがブログだと思う。

ユーザーが発信した記事を自動的に収集できるのが、RSSを使ったリーダーなのだが、最近私も使い始めた。
どうもgooが日本では一番らしい。
ただ最近リニューアルして使いにくくなったような気がするけど・・・。
アメリカではブログを読んでいる人が1日に読むブログの数は一番多いのが6個で14.4%、次は11-15サイトで12.1%、次は3サイトで12.3%でおおよそ1/3のブログユーザーが1日に5-8サイト程度読んでいるようだ。
そういえば最近決まって読むブログが増えてきている気がする。
この波は既に日本にも押し寄せようとしているが、今のうちにRSSリーダーを使いこなすことが出来ないと、つい少し前まで言われていたデジタルデバイドがさらに広がり、情報を「知っていること」と「知らないこと」では収入や地位の格差もどんどん広がってゆくかもしれない。
次のウィンドウズOSであるウィンドウズビスタではこのRSS機能が組み込まれるようなので賢明な人はもう始めている。
これはネット社会において1大事なのではないか?1年後はユーザーが知らないうちにRSSを普通に使っていると思うし、その次は携帯電話にも搭載されてくるだろうから
特にWEBで仕事をしている人は付いていかなくてはいけない。
そこで何か良く分かる本が無いかと探していたときにちょうど見つけました。
入門にはとっても分かり易い内容になっているのでしっかりと勉強したいと思います。
author:大神 雅明, category:IT, 23:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!

いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★




ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!
齋藤 伸也 小暮 正人

秀和システム
2005-04-09
売り上げランキング 209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 
ビジネスの中でブログをどのように活用したらよいのか?
この本ではこのことのみにフォーカスして書かれています。

様々な職業があると思いますが、全ての職業でブログを使うのは可能です。
要はブログを使ってお客をどうやって集めるか?
マーケティイングなどの内容は一切ありません。
とにかくブログのお話です。

更新が簡単なブログのシステムを使えば集客、営業、顧客サポートまで頭をつかえばなんだって出来るということでしょうか。

最初はやはり基本が書いてあるので、今後社内でもブログを取り入れようと思ったときに先に読んでおくと為になるかと思います。

では自分の職業にもしブログを導入するとすると、どのように戦略や目標を立てればよいのか?
これは第3章のケーススタディを一度読んで美みると良いです。
宿泊施設だったり、不動産関係だったり、病院だったりオンラインショッピングだったりとBtoB BtoCに限らず出来るということでしょう。

またこの本では導入するまでだけでなく、「さぁブログを導入したぞ・・・。」「いったい何をやればいいんだ?」と思われる方も多いと思います。

5,6章ではブログの効果測定方法とブログを書き続けるテクニックを紹介していますのでこれもなかなか為になるかと思います。

またRSSやリーダーなどのブログに関する基本的なことはこの1冊で大体網羅されていますので何冊も買う必要がないかと思います。
他にも紹介しています
IT

マイショップを見る

いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★



author:大神 雅明, category:IT, 00:20
comments(0), trackbacks(2), pookmark
会社で導入する前に「ビジネスブログブック」

いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★


ビジネスブログブック
小川 浩 四家 正紀 上田 一吉

毎日コミュニケーションズ
2005-02
売り上げランキング 9,834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

この本では大きく分けて2つのブログの使い方について解説が分かりやすく書いてあります。
●オープン(対外公開型)ビジネスブログ
●イントラブログ(非公開型)
特に2番目のイントラブログに関しては社内での情報共有にはもってこいのツールなので今までメールでの一斉配信をしていた会社もこれは社外に漏れる可能性があります。
もちろんブログにしたら漏れなくなるわけではありませんが、リスクはぐっと減ります。
またプロジェクトの進捗状況なども記録していけるので社内データベースとしても活用することが出来ます。
まだまだ営業所などをFAXを何枚も送って連絡を取り合っていたことからそのわずらわしさも解消されるのでぜひ検討してみると良いかと思います。

はなしが前後しますが、業界ではかなり有名な日産TIDA BROG を担当している日産マーケティング本部のスタッフのかたのインタビューも掲載されているので個人的にはこの部分が企業のベストプラクティスとして注目でした。

全体的にはある程度基本的なことが分かっている人には大変役立つ本だと思います。
会社で導入を考えている方は是非その前に読んでみることをおすすめします。

他にも紹介しています
IT

マイショップを見る






いつもありがとうございます!
★☆★お金持ちになるためのサイト続々!クリックお願いします!!★☆★



author:大神 雅明, category:IT, 00:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ショートカットキー活用事典―ビジネスが10倍速くなる!

ショートカットキー活用事典―ビジネスが10倍速くなる!
猪早 圭 Jin

インプレス
2005-03
売り上げランキング 5,278

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

P127
ウィンドウズ、ワード、エクセル、インターネットエクスプローラー、アウトルック
のショートカットキーが解説してある本書ですが、

仕事でパソコンを使う人はこれを覚えると覚えないとでは本当に時間のかかり方が違ってきます。
せっかくブラインドタッチをマスターしてもマウス操作が多くなるとそれだけ時間が無駄になってしまいます。

それにもまして、ショートカットキーだけで操作していると自分に酔うこともできます。ほんとーに気持ちよいですよ〜

仕事場でも人が見たときに「おっやるな!」と思われたほうがプラスですよね。
日頃から使うように心がけていると直ぐに出来るようになりますよ。
おすすめです。
本も小さいポケットサイズなのでデスクの引き出しにも入れておけますね。

他にも紹介しています
その他

マイショップを見る

author:大神 雅明, category:IT, 22:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ブログではじめる!ノーリスク起業法のすべて―あなたの日記をお金に換える法
ブログではじめる!ノーリスク起業法のすべて―あなたの日記をお金に換える法丸山 学同文舘出版2004-12売り上げランキング 1,207Amazonで詳しく見るby G-Tools


おすすめ度 

ブログというツールを使ってどのように起業するのか?
この本にはそのノウハウが詰まっていました。

まず起業の前にブログの基本を

●機能
コメント、トラックバックでリンクからリンクとつながっていくことが今までの掲示板などと違うところでしょうか。
わたしもコメントとトラックバックの違いがいまいちわからずにブログやってましたがこれでわかりました。

●有効点
自分の商材を売る際により高いものを買ってもらう(アップセル)、何回も買ってもらう(リピート)、そして一番はなんといってもお客様を集める(見込み客を集める)ことです。

●ブログで何を書けばよいのか
・商品はまだ売らない!
・舞台裏へお客様を招待する
  →お客様が自分を身近な人間だと感じてもらうことでファン客にしてしまう。
  →口コミが広がりさらに商材が売れる。
●言葉力
・活字が主体なのでなんといっても言葉力が必要
・誠実に正直に書いてゆけば自分の人間性、魅力に気づいてくれる人が出てくる
・先が読みたくなるような文章を心がける。
 さらに文章力が磨きたいならこちらも参照してください。
・タイトルが大切
 数値・内緒の話・裏話

●テクニック
・他のブログにコメントやトラックバックを頻繁にする
 (荒らしにならないように相手の文章をよくよんで誠実な文章で答える)
  →相手もトラバやコメントをしてくれるようになって人脈が広がる
・ブログランキングに参加
 トップページにリンクを貼り訪れた人にクリックしてもらうようお願いする。
・検索エンジン
 ページランキングをあげる→リンクがいっぱいされるような施策
 キーワードマッチ・・・関係ある言葉をタイトルに必ず使う
            文章の中にちりばめる
            私の場合は「ビジネス書」でしょうか?

●ネタ探し
・自分のことを書く→自分と言うブランドを構築する為
・でないときは無理に書かない 

●自分ブランド
・情報起業には自分というブランドを構築することが不可欠
・特化した情報をブログを通して発信してゆく
・宣言する→〇〇〇のプロフェッショナルであることをブログ上で宣言する(勝手に)

●最後に
・起業する前に見込み客をつかまえておくためにブログというツールを使って今のうちからファンを作る努力を

_________________________________

今回の本はブログの本でしたのでついつい本屋で手にしてしまいました。
私の場合はビジネス書の書評をしているわけですが、いままでただ書いているだけでこの本に書いてあるような施策をとってアクセスをあげようとしていませんでしたのですぐにでもやってみました。

結果はどうでしょうか?
またご紹介します。

あっブログランキング参加してます。クリックしてください。(笑)
________
こんな人にお勧め\_____________________
______________________________

 ◇情報起業を考えているひと
 ◇なるべくリスクの少ない商売を考えている人
 ◇ブログは持っているがアクセスが少ない人
______________________________

他にも紹介していますITマイショップを見る
author:大神 雅明, category:IT, 23:56
comments(1), trackbacks(2), pookmark
年間3万円で成功したスーパーインターネット通販-ほったらかしでも儲かった!
年間3万円で成功したスーパーインターネット通販―ほったらかしでも儲かった!岩上 誠フォレスト出版2000-09売り上げランキング 23,091Amazonで詳しく見るby G-Tools


おすすめ度 


今までネットショップを立ち上げて失敗した人はぜひ読んでみると良いかと思います。
著者の主張は言い過ぎかもしれませんが、参考になることは多いかと思います。

●ネット通販に興味の無い方は読んでもあまり意味が無いので読まないほうが良いかと思います。
●今後考えている方は読んでから戦略の一つとして考えてみるのも良いです。
●ネット通販で失敗している人はぜひ読んでみてください。


今もプロに自信のホームページを頼んでいる人は今すぐにやめたほうが良いかもしれません。
売るプロではなく、デザインのプロ、システムのプロにいくら頼んでも商売をやっていない人は
売れるホームページは作れません。

商品をただ並べるだけのネットショップはやめてとにかく自分の商品をかったらお客様はどんな
メリットがあるかをひたすらホームページに書き込むのがこの本の言う所です。

ネット通販でも特に個人商店が運営している人や、ある程度権限のある人が
実践すると効果があるかと思います。
なぜなら会社のただの一担当者ではまず上司を説得することがこの方法だと非常識で説得できない
可能性のほうが高いからです。
しかし、ここに書かれていることでもできることは多いかと思いますので実践してみてください。

どのハウトゥー本にも載っていることは実はやってはいけないことだとおもわされる内容です。
2000年9月に初版が出ていますので現在とは少し書かれている状況が違いますので注意が必要かもしれません。


他にも紹介していますITマイショップを見る
author:大神 雅明, category:IT, 23:02
comments(0), trackbacks(1), pookmark