RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
マインドマップがなかなか描けない方へ。
見た目がやっぱり大切と思う方へちょうど良いのがこちら。

マインドマップを書く上で色ペンを使って書いては見るもののなんか違うなぁとか、最後までキレイに来てたのに、最後にブランチ伸ばしすぎた!や同じ色つかっちゃった!なんて思うことあります。
ただマインドマップは自分の感じたまま描くのが良いでしょうから、気にしなくも良いのですが、どうしても気になってしまうときありますね。

こんなとき消しゴムでは消せません。

ですがPCで描くことができたら本当に簡単です。
消したり、色変えたり、画像簡単に差し込んだりとこちらのiMindMapならできます。

マインドマップのソフトというと有名なのは
マインドマネージャーですが、より手書きに近い感じのものをPCで描きたいと思うならブザン公認のiMindMapの方がよいでしょう。

2つのソフトを使ってみた感想は

マインドマネージャーは速記に向いています。
というのはリターンとインサートボタンでブランチ(枝のことですね)がどんどん追加できて会議などで活躍すると思います。
セミナー会場で使っている人も見かけますね。
ただ自由度が少なく、ブランチ一つ一つの形状や色がつけ難いということもあります。
カクカクした図が好きな方には向いていると思います。


それに比べてiMindMapは自由度が高く特にマインドマップ特有のクネクネした感じやお絵描き風な感じが出したい人にはこちらの方が向いていると思います。
ブランチを伸ばすときにマウスでドラッグしないといけないのでその点は早く描くことには向いていません。(もしかしたらできるかもしれませんが、私マニュアルあまり読まないのですいません。)

個人的には場面に応じて使い分けるのが良いかなと思います。

どっちを買うのが良いのか?と聞かれたら、「速記する必要が無い場合はiMindMapを買ったほうが値段もですし良いかと思います。」
と答えます。

やはりよりマインドマップに近いですし。
author:大神 雅明, category:PCソフト, 15:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
机の上はいらないモノが95%―世界一シンプルな整理法
帯には

捨てるものを見極める3つの質問
,修譴鬚垢討燭藝い蠅泙垢?
過去6ヶ月にそれをつかいましたか?またはこの先6ヶ月に使う予定がありますか?
F韻犬發里他で手に入りませんか?
とあります。

自分のデスクを見渡してみるとおそらく95%はこの3つに当てはまると思います。

もともと洋書を翻訳したものですので、ちょっと訳にも問題があるのですが一部読み難い部分もあります。

まず理想のデスクはU字型。
これは工場ではすでに何年も前から言われていることで、要はU字にすることで両手をまず使えるようにしようと言うことですね。
より効率的にするにはやはり両手ですね。これが整理に一番大きな成功要因になるような気がします。
著者はこれをデスクのコックピット化といっています。
U字にして必要なものを自分にとって一番効率的な配置において、戦闘機のコックピットのようにすると言う物です。
これはいい考えですね。
ただ日本のオフィスはこんなにも場所が取れるかどうかは別の話なので物理的に無理な方もいるでしょう。

その他は現在ではIT化が進んで書類関係も少なく・・・・。なんてことはありません。
個人情報保護、J-SOX、コンプライアンスなど変な規制が出来れば出来るほど書類の山になって来ている気がします。

本書は書類整理のノウハウではありませんが、どんどんいらないものが溜まってくるのは一番多いのは書類関係ではないでしょうか?

私の場合書類関係がどうしてもたまってしまうので本書を読んで今度こそ整理してみたいと思います。
author:大神 雅明, category:仕事術, 00:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
10年後あなたの本棚に残るビジネス書100
本の探し方の1つに「出来る人の読んでる本を真似して読む」ということがあります。

ムックですが本書は今のビジネス本の2大ブランド?の神田さんと勝間さんのオススメ本をまとめたものです。

神田さんのオススメは簡単な本から実践的な本までバラエティ豊かです。
そしてそのオススメしている本たちを読んで自分は何を感じなくてはいけないのか?
とつい深読みさせられるようなセレクトになっていると思います。
「ナニワ金融道」なんてのもありますんで。

勝間さんのオススメは経済アナリストだけあって少し難しい本やマジメ(失礼)な本が多い気がします。

あとはおまけでオーディオブックのオススメなんてのもありますがこちらは英語が出来なくては聞けませんので国内にもいろいろあるのでムックを手にする層のことを考えると日本語のオーディオブックをオススメしてもらったほうが良いような気がします。

値段は¥1,200ですが微妙な感じです。

author:大神 雅明, category:勉強, 23:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
商売の創造
日本では2位を寄せ付けないダントツのセブンイレブンの名経営者の鈴木敏文氏。
説明するまでも無いと思いますが、この名前知らなかったらちょっと恥ずかしい。
社会には知っていなくてはいけない人物がいます。
取引先、上司や部下、さまざまなシーンでこういった名前が出てくることがあります。
「それ誰ですか?」ではねぇ。
知らなかったらちょっと恥ずかしくないですか?

本書ではセブンイレブンが創業以来行なっている全体会議での鈴木敏文氏の発言を編集してまとめたもので、とても読みやすくなっています。

セブンイレブンでは天気や気温などによって品揃えを変えることでは有名ですが、それらの品揃えの方法をどのようにやっているかなどさらっとですが書かれています。

それよりも本書で言いたいことの一番大切なことは「お客様視点」ということだろうと感じました。
お客様第一といってもなかなか出来ているところはありません。
ついつい社内の都合でお客様が不便になっていることってありますよね。
「利益とれなきゃしょうがない」「ボランティアじゃないんだから」などといってお客様が大切と言っているにもかかわらず、なんだかんだと出来ない理由を並べて自分たち都合でによる経営を行なう会社のほうが多いでしょう。
これからの時代は昔のようにただ並べていただけで売れた時代ではないことはだれもがすでに知っていることです。
ですがなぜ出来ないのでしょうか?
それはお客様の立場に立って「自分ではなくお客様ならどう思うのか?」といつも考えなければ指示されませんし、利益はもちろん出てきません。

もう一度自問自答してみたいと思います。


特にコンビニ業界で働いていなくても参考になる話が盛りだくさんですのでオススメ。
author:大神 雅明, category:経営, 07:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
女性はなぜ買い物に時間がかかるのか?
男女の購買プロセスに視点を当てた本。
心理の違いによって「買い方」が違うと言う。

男は戦友を探し、女はお姫様になった自分に酔う。

ラーメン屋で最後の一杯になったラーメン
男なら
店主が「おきゃくさんごめんねこちらのお客さんにお出ししてもよいかなぁ?」
男「いいよいいよ」
これは自分を常連さんだと思ってもらえてることに共感を感じているというつまり戦友なのだ。
女「どうして私のものを見ず知らずの人に・・・。」
女はいつまでもお姫様でいたい。

男は太古の昔から狩に出かける。
成功することが大切に感じる稼ぐことに快感を感じる。
男にビジネス書が売れたり、修学旅行で木刀を買うのも男の子だったりする。
これが関係しているのだと言う。
女はどうか?
洗練されたい。うっとりしたい。
買物依存症に女性が多いのもこの心理からだという。

この心理の違い。

「仕事と私とどっちが大切なの!(もちろんわたしでしょ!)」

男女の真理の違いを知っていれば売り方も変わってくる。
マーケティング知識の1つとして心理学を学ぶことはとても有効だと思います。

本書では男女の購買プロセスの違いをわかり易い例を交えて解説しています。
男の社員の多い女性向小売の会社の方などはぜひ読んでいただきたい1冊です。
author:大神 雅明, category:マーケティング, 23:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
じゃんけんはパーを出せ!~ビジネス解決力が身につく「ゲーム理論」~
「ゲーム理論」をとてもとても簡単に解説した本です。

東芝のHD-DVD、ソニーのブルーレイ。


結局見た目の勝者はソニーのブルーレイでした。
30年前のベータとVHSの戦いのようでしたね。


しかし東芝の株価はその後騰がりました。


どうしてでしょうか?


これらはゲーム理論で説明ができます。


ゲーム理論とは
有名なのは「囚人のジレンマ」がありますね。

二人は盗難の罪で留置された。
主たる罪状の決定的証拠をつかめないまま当局は二人を、軽い罪で3年の刑とすることにしたのだが、さらに囚人たちに対して悪魔的な取り引きを持ち掛けた。
「もし相棒の罪を証言すれば、相棒は5年の刑とするかわりに、お前は無罪放免にしてやる」
いい話ではないか。が、世の中そんなに甘くはない。
「ただし、もし二人とも証言した場合には二人そろって4年の刑に処する」
損得勘定を表にしてみる
私\相棒  沈黙(協調)          証言(裏切)
沈黙(協調)  (私:3年、相:3年)    (私:5年、相:0年(無罪))
証言(裏切)  (私:0年(無罪)、相:5年) (私:4年、相:4年)


二人は別々に独房に入れられていて相談することは許されない。

「私が証言して、相棒が沈黙したとすると私は5年間牢屋にはいるかわりに相棒は無罪放免される」
「相棒が証言したらどうだろう。もし私が黙っていると5年の刑、これはひどい。私も証言すれば4年ですむ」
ということは、相手の行動にかかわらず、自分は証言したほうが(裏切ったほうが)いいいうことになる。
 さて、同じ条件を与えられている相棒もきっと同じことを考えるだろう。その結果は上の図の右下「4年の刑」である。
 そうほうじっと黙っていれば3年で済んだものが頭をひねったあげくに4年になってしまったのはどうしてだろう?
 上の図にしたがって正しく行動したはずなのに。
 それでは、やはり沈黙していたほうがよいのか?
 相手もそうしてくれればよいが、もし相棒が裏切って証言すれば、自分は最悪の5年の刑である。そんなことできるのか?事前に相談できるきるのであれは「おたがいに黙っていような」と取り決めておいてふたりとも3年ですませることもできるのだが。(まあ、相談したあげくの裏切りというのもあるが)

と、こんな具合に「あらゆる条件において最良の結果になる」ように行動したはずなのに結果はどうもうまくない、というところが「ジレンマ」というゆえんである。

というのがあります。


これはあまりにも有名な例ですが

先述のブルーレイの話など身近なエピソードを交えてゲーム理論がとてもわかり易く解説してありますので入門の入門に読んでみるとよいとおもいます。

この本で面白いなぁとおもったら少し専門的な入門書を読んでみるのが良いでしょう。

author:大神 雅明, category:経済, 22:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
PRESIDENT (プレジデント) 2008年 11/3号 年収2000万円の手帳術
毎年悩んでしまう手帳です。

今号では手帳の使い方というよりも、年収2000万円以上の人と500万円台の人との手帳の使い方の違いについてデータが載せてあります。
さて自分はどのぐらい年収2000万円に当てはまるかチェックしてみましょう。
中でも前者と後者でかなり開きのあるものにヒントがあるかもしれません。

ただ気をつけて欲しいのは今回のデータは年収2000万以上と500万円台の比較ですので開きのあるものをやれば2000万円に近づくと言うことではないと思います。
データも多くて20%ちょいなので手帳を使うことと年収とは相関性は無いようです。

<行動編>

その日の予定は前日の夜までに確認しておく
2000万以上:28%
500万円台:17.3%

休日にスキルアップや勉強の時間を設けている
2000万以上:21.5%
500万円台:16.7%

3ヶ月、1年、5年、10年などの単位で長期の目標を決めている
2000万以上:31.5%
500万円台:13.3%

目標を月間や週間の行動計画に落とし込んでいる
2000万以上:23.5%
500万円台:17.7%

目標を達成できたか検証している
2000万以上:18.0%
500万円台:10.7%

大切な人と過ごす時間をあらかじめ設けて、ブロックしている。
2000万以上:20.2%
500万円台:12.5%

緊急ではないが、将来の投資へつながるような勉強や趣味の時間を設けてブロックしている。
2000万以上:13.8%
500万円台:5.7%

予定だけでなく終わりの時間も書いている。
2000万以上:33.0%
500万円台:22.9%

夢や長期目標を書いている
2000万以上:11.9%
500万円台:2.1%

<手帳編>
スーツの内側に入るサイズの手帳を使っている
2000万以上:18.0%
500万円台:20.3%

PDA、携帯電話
2000万以上:22.0%
500万円台:14.7%

手帳は使わない
2000万以上:13.0%
500万円台:9.7%

などなど、どうでしょうか?

見開き2ページで人物に注目して使っている手帳の写真も載っています。
人の手帳を覗く機会はそうあるものではないのでこれはちょっと面白いですね。
ただ今回の題は年収2000万ですので松屋のバイヤーの方など「2000万もらってないだろうなぁ」と言う人もピックアップされているのでこの点は?ですね。

また細かく手帳に何でも書くということもこれは性格によるところが大きいのでしょう。
だって手帳に書いたところで何%のものを見返すことがあるのかわかりません。

現にSBIホールディングスの北尾吉孝氏は手帳を使っていないそうです。

現在はそれよりも検索の時代です。
たとえ手帳にいろいろ書いたとしても探せなければ意味がありません。
また綴じ手帳などは1年で1冊ですので1年前に書いておいたものは見ることができません。
gmailなどを使ってiphone持ち歩くほうがすぐに見たい情報にたどり着けて効率はよさそうです。
PDAも昔ほど起動に時間がかからなくなったのでシステム手帳使っているぐらいだったら意外とPDAのほうが速いかもしれません。

確か脳科学で有名な茂木さんもMACでスケジュール管理して手帳を使ってなかったと思います。


<結論>
・年収と手帳の使い方に相関関係は無い
・仕事ができると手帳を使うこととは関係なし
・手帳は1つの道具でしかないので手帳に縛られるより自分にあった方法でスケジュールを管理する(例えば秘書のいる人は手帳要らないから。)



author:大神 雅明, category:-, 01:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
成功する上司
リーダーシップをストーリーで学べる本です。
『ザ・ゴール』のような小説風になっていますのであまりビジネス書が好きでない方にも良いでしょう。


著者はテレビなどでおなじみの(でもないか)小宮一慶さん。

小宮さんの著作は知識が無くてもやさしい言葉を選んで書かれているので読みやすいものが多いです。ので私も大体の著作は読んでます。

今回はリーダーシップを学ぶということですが
ある倒産寸前の会社にM&Aで吸収した親会社から出向した主人公。
今まで部下が4人しかいなかったのに急に50人以上の部下を持つようになってしまいます。
親会社から会社再建を託されます。
その中でどうしたら人は動くのか?
悩めるすべての上司たちへ。
「部下が思うように働いてくれない」「トラブルが絶えない」「みんな忙しいのに業績が上がらない」……駆け出しマネジャーに降りかかる数々の試練。主人公はいかにして乗り越えてゆくのか!?
というような内容です。



あんまり売れなかったみたいですがリーダーシップの核心を突いていて、小手先のテクニックと言うよりももっと深いリーダーとは?やリーダーが持っておくべき考え方が書かれていてとても良い本だと思います。

中身は・・・。

ダウンサイドリスク
失敗したときの最大限のリスクはどのぐらいなのか?を把握する大切さ

指揮官先頭
部下を動かすにはまずは自分から。

価値観の共有
『ビジョナリーカンパニー2』でもかかれていた「適切な人をバスに乗せる」価値観や職業観、倫理観が自分と同じ人に先にバスに乗ってもらう大切さ

考え方の徹底

自ら動く人材を育てるには
信賞必罰。リスクをとる部下には責任と思い切った報酬を(経済的にも精神的にも)
犬のリード。人間は本来自由でいたい動物。リーダーの思う方向に進んでいるときは自由に。外れたときはすぐに犬のリードを引いて軌道修正を。

ビジョン・理念を持つ大切さ
現代の企業で大切なものQPS(クオリティ、プライス、サービス)

その他松下幸之助さんやディズニーの話など部下を指導するときに使えそうなネタも少し書かれているのでこれも役に立ちそうです。


今マネージャー職についている方にぜひ読んでもらいたいです。
author:大神 雅明, category:マネジメント, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)

自分にとって勝間さんの書籍はあたりもあればはずれもあります。
あくまでも自分にとってです。

今回は題名どおり読書についての1冊です。


いつにもまして「わたしはこういうことやってます」的な内容になっているので勝間さんの名前を聞いたことも無いような方が読んでも「??」な内容だと感じました。
勝間ファンにとってはファンブックみたいな物になっていると思います。

内容はというと
まず著者の考える「本(特にビジネス書とは)」なんぞや?
本をだすと人生どのように変わるのか?変わったのか?
著者の考える本の読み方、前提に持っていると良いと思われる知識
広い意味で書くことが大切(ブログとかね)
自分の書いた本をたくさん売るには(マーケティングや仕掛けについて)
なんて感じでしょうか。

著者の勝間さんが本を売るためにどうやったのか?
自分にとって本を読むと言うことは?
など前提して「勝間和代」を知っていてさらにその中でもロイヤリティの高い読者向けと言う感じですのでこの本の中からは何か得られるものは残念ながら自分にはありませんでした。
有名な書評関係のブログは著者と交流がある方が多いのか他の方が同じ内容を出したとしたら書かないような褒め言葉には少し違和感を感じました。

残念!
author:大神 雅明, category:人物, 02:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
マインドマップが上手くなるにはどうしたらよいのか?
私は3つあると思います。

1つは何度も何度も描いて描いて描きまくることです。
ブランチの色、太さ、セントラルイメージに何を書くのか?

2つ目は楽しんで書くこと
子供のお絵かきのように。時間を忘れて。

3つ目は人のマインドマップを見て「盗む」ことです。

この本ではさまざまな問題や課題に対して具体的にどのようなセントラルイメージを描いてそのようなキーワードを選んで、そのようなカーブのブランチを描くかの見本がたくさんですので、今までブランチの伸ばし方、太さなどで悩んでいた人、なんだか上手く描けないなぁと思っていた方にはちょうど良いと思います。
内容はともかくとして、マインドマップの見本が欲しい方は買って損はないかと思います。

アマゾンより
内容紹介
脳内の思考の広がりをダイレクトに写し取る技術、マインドマップ。これを使うと、記憶力、プランニング、問題解決、プレゼンなど、ビジネスのあらゆる場面で驚くほど成果が上がる。発明者、トニー・ブザンによる「本物」ならではの効果抜群のマインドマップを学べる本。

著者について
マインドマップの発明者であり、脳と学習の世界的権威。BP(ブリティッシュ・ペトロリアム)、GM(ゼネラル・モーターズ)、ウォルト・ディズニー、ブリティッシュ・エアウェイズなどの多国籍企業でアドバイザーを務め、国際的な主要企業、大学、学校で定期的に講演を行っている。その著書は100カ国以上、30以上の言語に翻訳されている。
author:大神 雅明, category:ビジネスツール, 22:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark